通い続けなくてはならない脱毛サロン

人間、男女にかかわらず美容にはこだわっています。

男性ならば頭髪が薄くなってしまうのを気にして、増毛にお金をかけますが、女性は逆にむだ毛を処理しなくてはなりません。

おそらく毛が生えてくるには何らかの意味があって無駄なものなど無いと思うのですが、見栄えの部分でどうしてもあってはならない毛を排除したいと思うところから毛を処理するという行動をしなくてはならなくなったのでしょう。

そんなところに目をつけたのが脱毛サロンという商売。

CMなどでもよく見かけます。

永久脱毛というワードをよく聞くので一度行けばもう一生毛が生えてこないのかと思っておりました。

よくよく調べてみますと、永久脱毛とは、50年以上毛が生えてこない状態を永久脱毛ととらえ、実際に脱毛サロンで永久に脱毛するということは厳密にはできないとのこと。

脱毛ではなく減毛という表現が正しい。

ではなぜ永久脱毛という文句が聞かれるかというと、一度で永久に脱毛することはできないが、何度も定期的に脱毛サロンに通うことで毛量を減らしたり、毛穴を細くする処理で永久脱毛に近い状態を作っていくことを、永久脱毛という表現を使っているまでである。

結局個人差などもあるため、人により通う回数は違い何度か通って毛の処理をしていかなくてはなりません。

街を歩く女性で年齢を重ねてもツルツルできれいな肌を保っている方をよく見かけますが、その裏ではお金をかけながら、いろいろと苦労を重ねているのだなと思いました。