面倒な脇の脱毛はプロに任せて楽ちんキレイ

私は今まで自分で処理をしていましたが、処理後も黒ずみや処理忘れなど気になっていました。

脱毛サロンは高いし、痛そうでちょっぴり怖くて、なかなか行くことができずにいました。

そんなときに、MUSEが脇脱毛キャンペーンをやっていることを知り、勇気をだしてカウンセリングを受けに行くことにしました。

それが忘れもしない12月24日のクリスマスイブでした。

はじめは緊張しましたが、脱毛の悩みなども聞いてくれてとても親切でしたし、何よりも過度な勧誘はなかったですよ。

脇の脱毛に行く前には、自分で処理が必要ですので、いつも通り処理をしてからいきました。

初めての体験はピリッと少ししたくらいで痛みもなく、脱毛の脇はつるっとしていてとても気持ちがよかったです。

早く脱毛を済ませたいからといって、頻繁にいってもあまり効果は上がらず、きちんと毛が生えてくるサイクルを把握して、そのリズムに合わせて脱毛を行うことが近道のポイントです。

私はとても定期的とは言えないリズムでサロンへ行ってます。

まだ、3回しか施術をしていないのですが、特に何もしていなくても脇はとてもきれいになってきています。

やはり自己処理と違ってサロンで施術してもらうと毛穴から脱毛されているので、とてもきれいな仕上がりですね。

とはいえ、まだ完全に処理が終わったわけではないので、日頃は自己処理を行っています。

私の場合は、お風呂の時にカミソリで処理をしています。

お風呂に入ってすぐに、ボディーソープつきのカミソリで処理をしています。

「肌を清潔にしてから」と注意書きがありますが、湯船につかった後やシャワーを散々浴びたあとの柔らかい肌には、カミソリで処理というのはやはり刺激が強いので、肌へダメージを与えてしまいますよね。

なので、私はお風呂に入ってすぐの、まだ肌が柔らかくなる前に処理を行うようにしています。

処理の際は、脇のカーブにあうカミソリを見つけるのもポイントですよね。

どうしてもカーブになっているので、そり残しがでてしますので、自分にあうカミソリを探すことも大事です。

また、カミソリだと表面だけの処理になるので、私は夏など脇が見える機会が増える時期には、カミソリではなく、除毛クリームも活用しています。

クリームは毛穴から処理してくれるので、黒くポツポツと残らないので、おすすめです。

私の場合は、サロンに通いプロの手によって施術を受けているのと同時に、自己処理も行っている段階です。

カミソリ、クリームなどそれぞれの特性を見極めて、上手に使い分けていきたいです。